グアムのオススメ情報

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

更新日:

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

グアムにせっかく行くなら、思いっきり快適に、楽しく時を過ごしたいですよね。

日本を飛び出して知らない土地に行くにあたって、多くの人がどの様な服装をしていけば良いのか悩んじゃうことがあるかと思います。

今回は、グアムの年間の気候と服装についてたっぷりご紹介させていただきます。

 

グアムの年間の気温&服装

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

人気のリゾート地のグアムは、実は日本と違って季節ごとに激しい気温差が生じるということがありません。

一年を通してとても温暖な気候で、どの季節に行っても海水浴が楽しめちゃう常夏の楽園なのです!

でも、どんな服装をしていけばいいかわからずに悩んでしまったりもしますよね。

 

【乾季】5月から11月の気候と服装

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

グアムの5月から11月は、乾季と呼ばれる雨の少ない時期になります。

カラリとした気持ちのいい日差しに、清々しい夏の香りがグアム中に溢れます!

まさに観光やビーチを楽しむ上ではこれ以上なく最高の気候になる時期、というわけです。

この時期では、グアムの滞在中はみなさまが想像する夏服で過ごすことになります。

なのですが、しかし。グアムの商業施設やホテルなどの屋内では、嘘みたいにガンガン空調が使われていることが多いんです。

スポンサーリンク

ですから外の暑さと屋内の凍えるような寒さとの変化で風邪を引きやすいのもまた注意点です。

夏服と合わせて、屋内の寒さ対策に靴下や軽く羽織ることのできる長袖の上着も持っておいてくださいね。

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

また、常夏の海にテンションが上がると、開放的になって「たっぷり太陽を浴びたい」という気持ちになる方も多いでしょう。

そのお気持ちは本当によーくわかります!こんがり小麦色の肌になって帰りたい、なんて思っちゃいますよね。

しかし声を大にして言いたいのは、男女問わず必ず紫外線対策をしてくださいということです。

皆様が思っている以上に、南国グアムに降り注ぐ紫外線はパワフルなのです。

せっかく南国に来たのだし、別に日焼けくらいしてもいいかな?などという気持ちで何の日焼け対策もしないまま、1日中ビーチで遊びに夢中になった結果…。

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

現地の病院に担ぎ込まれてしまうという事案がたくさん発生しているんです。

人が日焼けをすると、その日の眠りに着く頃くらいに、ヒリヒリとし始めますよね?

そういったように、何の対策もせずにいると、日本の何倍も強い日差しを浴びるグアムでは気付いた時には大切なお肌に大火傷を負ってしまっていたということがあるのです!

こんなことになってしまったが最後、しばらく痛くてまともに生活もままならないし、旅行も台無しになってしまいます。そしてさらに高〜い医療費も…。

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

スポンサーリンク

どうでしょうか、たかが紫外線対策と思って放っておくと、恐ろしいですよね!?

こんなことにだけはならないように、グアムでは男女も子供も必ず日焼け止め・ラッシュガード・帽子などの対策をしてくださいね。

 

【雨季】6月から10月の気候と服装

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

グアムの6月から10月は、南国特有のスコールが多発しやすい雨季という時期になります。

スコールというのは、弱い雨がしとしと降り注ぐのではなく、まるでバケツをひっくり返したかのような強い雨が降ったり止んだりするお天気です。

スコールは、つい数分前までカラリと晴天だったにもかかわらず突然やって来ます!

今日は朝から天気がいいのできっと大丈夫だろう。と思って出かけたとしても、所かまわずに降り出すことがあります。

せっかくの旅行中に、旅行のために選び抜いて着て来た服がスコールによってびしょ濡れになるのは嫌ですよね。

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

ですから雨季の時期には、ぜひ折りたたみ傘やレインコート、セイムタオルをお持ち歩き下さい。

セイムタオルは普通のタオルと違い、優れた吸水性と速乾性を持ち合わせた特殊なタオルです。

もし髪の毛や体や荷物が雨で濡れてしまっても、セイムタオルで拭き取ればあっという間に乾いちゃいます。

セイムタオル本体は、たくさんの水を吸い取っても軽く絞ればまた完全に乾く、魔法のアイテムです♪

グアムの年間の気候と気温とは?おすすめの服装って?

そんなセイムタオルもネットショッピングやスポーツ用品店のスイミングコーナーなどで簡単に入手することができますよ。

またグアムでは、雨季でも乾季と同じように屋外と屋内との気温差が大きいことが多いので、やはり必ず一枚はあたたかい上着を持っておくことをおススメします。

 

グアムでの服装と気温まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はグアムでの服装と気温についてお伝えさせていただきました。

グアムでは乾季と雨季の2つの時期があって、乾季には夏服と日焼け対策を忘れないで下さいね。

そして雨季には、傘やタオルなどの雨具を必ず携帯するようにしましょう。

また、屋内の空調の寒さで風邪をひかないように暖かい上着も持っておけば、完璧です!

これで、みなさまがグアム旅行を快適に過ごせちゃうこと間違いなしですよ♪

スポンサーリンク


グアム旅行 関連記事

-グアムのオススメ情報

Copyright© グアム旅ログ【グアム観光アドバイザーが紹介します】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.